夏季期間中のサポート業務につきまして

平素はブクログをご利用頂き、誠にありがとうございます。

夏季期間中のサポート業務につきまして、下記の通りとさせていただきます。

[ お問い合わせ対応の休止 ]

2014/8/8(金) 19:00 から 2014/8/17(日) 終日


※ 2014/8/8(金) 19:00 から 2014/8/17(日) にお問い合わせいただいた場合、
2014/8/18(月) 以降のご返信となりますので、あらかじめご了承ください。

※ サーバー監視業務に関しましては、通常通り24時間対応いたします。

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承下さいます様お願い申し上げます。

【献本企画】鬼才が10年越しで挑む比類なき創世記!恒川光太郎著『スタープレイヤー』を5名様に献本プレゼント!

『ブクログ』『ブクログのパブー』をご利用の皆様、こんにちは!

本日は、鬼才・恒川光太郎がファンタジー小説の地図を塗り替える超大作シリーズの第一弾にして、
日本推理作家協会賞受賞第一作『スタープレイヤー』の献本企画をご案内します。
 

スタープレイヤー

著者:恒川光太郎 発売日:2014年09月02日 定価: 1,620 円(税込)


スタープレイヤー
光と闇、生と死、善と悪、美と醜。
「十の願い」を叶える力を手に、
未曾有の冒険がいま始まるーー


2001年3月、突然目の前に現れた男にくじを引かされ一等賞を当ててしまった斉藤夕月(34歳・無職)。フルムメアが支配する異世界へ飛ばされスタープレイヤーに選ばれた夕月は、スターボードに入力することで「十の願い」を叶えることができる力を与えられる。案内人の石松から説明を受けて衣食住を調えた夕月は、ある復讐をくわだてる。
ある日、マキオというスタープレイヤーが訪ねてきて交流がはじまり、ともにクンルンという国境の村へ遠征に向かった。クンルンに到着すると、隣国ラズナの兵に取り囲まれてしまうが、アメリカから来た守備隊長ラナログの取りなしによって歓迎される。その後、マキオのタワー村にラズナ王国の王子が亡命してくるが、裏切ったのは、なんとそのラナログだったという……人間の様々な欲望と思惑が交錯する世界で国づくりに奔走するうち、人の抱える祈りの深さや業を目の当たりにし、夕月もまた、自身の殻を知らず知らずのうちに破ってゆくーー。

RPG的興奮と神話世界を融合させた、「麗和」王国の壮大なる起源。


著者:恒川光太郎(つねかわ・こうたろう)
1973年東京都生まれ。大東文化大学卒。2005年、「夜市」で日本ホラー小説大賞を受賞。単行本はデビュー作にして直木賞候補に。続く『雷の季節の終わりに』と『草祭』『金色の獣、彼方に向かう』は山本周五郎賞候補、『秋の牢獄』『金色機械』は吉川英治文学新人賞候補と、新作を出すごとに注目を集めている。その他の作品に、『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『私はフーイー 沖縄怪談短篇集』。
2014年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞、本作が受賞第一作となる。
 
今回は、その『スタープレイヤー』の通常書店では手に入らないサンプル版
角川書店さまから5名の方にプレゼントいたします!

ぜひご応募ください!
 
・応募内容
スタープレイヤー』をブクログ本棚に登録後、レビューを書いてくださる方を募集。

・プレゼント応募期日:8月4日(月)終日

・応募方法
応募フォームより必要事項をご記入の上 送信ください。

・注意事項
※ご回答頂きました内容は、その後プロモーションを目的に使わせていただく可能性がございます。
その際、場合によっては、ご回答を一部改変させていただきますことをご了承下さい。
※個人情報の取り扱いに関しましては、弊社「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご覧ください。
 
『スタープレイヤー』の献本ご応募はこちら

【献本企画】世間を震撼させた「あの事件」を想起させる、衝撃のサスペンス!! 櫛木理宇著『寄居虫女』を5名様にプレゼント

『ブクログ』『ブクログのパブー』をご利用の皆様、こんにちは!

本日は、2012年『ホーンテッド・キャンパス』で
第19回日本ホラー小説大賞・読者賞二冠を達成した櫛木理宇さんの
最新作をご紹介します!

寄居虫女

 

著者:櫛木理宇 発売日:2014年08月27日 定価: 1,620 円(税込)

寄居虫女 その女を、入れてはいけない。
入れれば最後、家はたちまち食い尽くされる。
その先に待つのは凄絶な……
家族同士の「共食い」だ。
あの事件を想起させる、衝撃の問題作!!
寄居虫女、山口葉月の恐怖が始まる。


雪深い地の平凡な家庭・皆川家。主婦の留美子は、息子の智未を事故で亡くし、気鬱な日々を過ごしていた。そんなある日、朋巳という少年が玄関先に現れた。薄汚れた哀れな少年を、留美子は思わず家に招き入れてしまう。後日、朋巳を追って現れたのは、白いワンピースにレースの手袋、白い日傘、とてつもない白塗りの厚化粧を施した異様な女。朋巳の母だというその女は、山口葉月と名乗った。そして、彼女はやがて家庭を浸食しはじめる。次女の美海だけが、壊れ始める家族の姿におののきつつも、葉月への抵抗を始めるが……。


著者:櫛木理宇(くしき・りう)
1972年新潟県生まれ。新潟県在住。女性。2012年『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞しデビュー。同年、「赤と白」で第25回小説すばる新人賞を受賞し、二冠を達成。今後の活躍が期待される新鋭。
 

今回は、その『寄居虫女』の通常書店では手に入らないサンプル版
いち早く角川書店さまから5名の方にプレゼントいたします!

ぜひご応募ください!
 
・応募内容
寄居虫女』をブクログ本棚に登録後、レビューを書いてくださる方を募集。

・プレゼント応募期日:8月4日(月)終日

・応募方法
応募フォームより必要事項をご記入の上 送信ください。

・注意事項
※ご回答頂きました内容は、その後プロモーションを目的に使わせていただく可能性がございます。
その際、場合によっては、ご回答を一部改変させていただきますことをご了承下さい。
※個人情報の取り扱いに関しましては、弊社「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご覧ください。
 
『寄居虫女』の献本ご応募はこちら

ブクログiPhoneアプリをアップデートしました

いつもブクログをご利用いただきありがとうございます。

本日、ブクログのiPhoneアプリをアップデートいたしました。
すっきりしないお天気が続きますが、それを吹き飛ばすくらい盛りだくさんな内容をご紹介いたします本


◆フォロー機能を追加しました!
本棚上部に「ハートフォロー」ボタンを追加し、本棚をフォロー出来るようになりました。
「フォロー」「フォロワー」をタップすると、それぞれ一覧で見ることができ、こちらからもフォローが可能です。
また、本棚のフォロー・フォロワー数もひと目で確認いただけます。


さらに、「友達をさがす」から、ブクログ公式本棚や、
ブクログと連携済みのTwitter・Facebookアカウントで本棚を検索することも可能です。

※Twitter、Facebook連携の設定は、その他メニュー内から行えます。
▼その他>Twitterの設定
▼その他>Facebookの設定


自分のフォロー・フォロワーユーザーの本棚から、そのユーザーのフォロー・フォロワーを閲覧することも可能ですので、同じ本や作家が好きなユーザーや、新たな本との出会いの手段にお役立ていただければ幸いです。

※フォローを外したい場合には、「フォロー中」をタップすることで解除が可能です。
※フォローの設定はいろいろな設定の本棚の設定内でご変更いただけます。
ログイン>いろいろな設定>本棚の設定>フォロー:許可する/許可しない



◆本棚デザインを新調しました。
本棚に登録したアイテム情報をより見やすくするため、
表紙画像やタイトルなどの表示サイズを大きめに調整しました。


また、本棚のデザインにPC版で人気の高い「カフェ」や「クラフト」などを追加しました!

本棚のデザインは下記手順で変更いただけます。
▼その他>いろいろな設定>本棚のデザイン
 
iPhone、iPodTouchをお持ちの方は、ぜひブクログアプリをご活用ください!
 
■アップデート方法
iPhone のAppstore「アップデート」からお願いいたします。

■ダウンロード方法
こちらからダウンロードください。

ブクログのiPhoneアプリをダウンロードする»


その他詳しいiPhoneアプリにつきましては、
こちらからご確認ください。
http://booklog.jp/iphone
 

これからもどんどんアップデートしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

幻冬舎plus × ブクログ 超話題作『ギフテッド』を発売前に先読みできる! レアなサイン入りバウンドプルーフ・プレゼントキャンペーン

『ブクログ』『ブクログのパブー』をご利用の皆様、こんにちは!

ブクログでも『嫌われ松子の一生』、『百年法』で大人気のベストセラー作家・山田宗樹さんの注目新作小説『ギフテッド』を本の発売前に誰よりも早く先読みできるキャンペーンをWEBマガジン&ストア「幻冬舎plus」と連動して開催いたします。

ブクログ会員・幻冬舎plus会員の方から応募者の中から抽選で50名様に、発売前に関係者だけに配られる作品を全編収録したバウンドプルーフを、なんと著者のサイン入りでプレゼントいたします!

さらに惜しくも抽選に外れた方にも、発売前に本編の一部を収録した特別先読みPDFをプレゼントいたします。

ベストセラー作家の作品を発売前に読め、レアなアイテムをゲットできる、チャンス! 是非ご応募ください。
 
●作品情報
『ギフテッド』山田宗樹(著)
四六判上製
2014年8月下旬 発売予定

【あらすじ】
人類は進化の時を迎えた。 だが、取り残される者は、 決してそれを認めない。 
25年前、アメリカ合衆国のミネアポリスに住む13歳の少年の体内に〈未知の臓器〉が見つかった。以後、同様の臓器をもつ子供たちの存在が、世界各地で確認される。
いつしか彼らは、羨望と畏れを込めて「ギフテッド」と呼ばれるようになった。
日本国内においても同様に〈未知の臓器〉の存在が認められた。だが「ギフテッド」に認定された少年少女に〈未知の臓器〉による影響は何も見られず、国の政策で多感な思春期を隔離されて送った彼らは、自らのアイデンティティを見つけられないでいた……。  
自分には理解できないものに対峙する恐怖、 そして、理解できない他者を受け入れる恐怖。 恐怖は伝染し、拡大し、やがて、暴走し始める──。

●著者プロフィール
山田 宗樹(やまだ むねき)
1965年愛知県生まれ。98年「直線の死角」で第18回横溝正史賞を受賞。2003年に発表した『嫌われ松子の一生』が大ベストセラーになり映画化され大きな話題を呼ぶ。13年『百年法』で、第66回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞。著作に『天使の代理人』『ジバク』『死者の鼓動』『乱心タウン』『いよう』など。



詳しい概要や応募方法は以下サイトから
幻冬舎plus(URL http://www.gentosha.jp/articles/-/2307

  • ブクログの新規申登録
  • ブクログのiPhoneアプリ
  • ブクログ公式Twitterをフォローしよう

お知らせブログ内を検索

 

カテゴリー別

おすすめ新刊のブログパーツ

ブクログ公式Twitter

最近のエントリー

日別アーカイブ

ブクログのパブー