【献本企画】国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センターにてセンター長を勤める堀越勝氏のこころの処方箋『感情の「みかた」〜つらい感情も、あなたの「味方」になります。』10冊プレゼント!

『ブクログ』『ブクログのパブー』をご利用の皆様、こんにちは!

今回は国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センターでセンター長を務める堀越勝先生の『感情の「みかた」〜つらい感情も、あなたの「味方」になります。』献本企画のご案内です! 「感情」が教えてくれる「なるほど」の処方箋。「五月病」を患っている方も「変わりたい」と望む方にも読んでほしい一冊です♪

 

感情の「みかた」〜つらい感情も、あなたの「味方」になります。

著者 : 堀越勝 出版社: いきいき 発売日:2015年6月10日 定価:¥ 1296(税込)

感情の「みかた」 人は人間関係によって傷つき、
人間関係によって癒される。


幼少時あるいは青春期に経験したつらい思い――誰しも心のどこかに抱えているのではないでしょうか。そのつらい思いの源泉を探っていくと、悲しみ、怒り、憎しみ……さまざまなネガティブな感情に行き当たります。本書は「気持ちを切り替えて前向きに行こう!」とは言いません。そのネガティブな感情にあえて向き合って、その原因となった“人間関係”を明るみに出し、新しい“人間関係”によって癒される。そういう道があることを、著者は語り続けます。どこか自分に不満がある方、少しでも変わりたい方にこそ読んでほしい一冊です。



◇著者プロフィール◇
堀越勝(ほりこしまさる)
国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター センター長。
1956年群馬県生まれ。米国・バイオラ大学大学院卒業後(臨床心理学博士)、米国クリニカル・サイコロジストの免許を取得。バーバード大学医学部精神科の上席研究員、筑波大学大学院人間総合科学研究科専任講師などを経て、2010年国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター研修指導部長。15年より現職。
 

 
今回は、この『感情の「みかた」〜つらい感情も、あなたの「味方」になります。』をいきいき株式会社より<10名の方にプレゼントいたします!ぜひご応募ください!
 
・応募内容
感情の「みかた」〜つらい感情も、あなたの「味方」になります。』をブクログ本棚に登録後、レビューを書いてくださる方を募集。

・プレゼント応募期日:6月8日(月)終日

・応募方法
応募フォームより必要事項をご記入の上 送信ください。

・注意事項
※ご回答頂きました内容は、その後プロモーションを目的に使わせていただく可能性がございます。
その際、場合によっては、ご回答を一部改変させていただきますことをご了承下さい。
※個人情報の取り扱いに関しましては、弊社「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご覧ください。
 
『感情の「みかた」〜つらい感情も、あなたの「味方」になります。』
の献本ご応募はこちら

湊かなえ『サファイア』、江口夏実『鬼灯の冷徹』など話題の新刊がランクイン! - 2015年5月第4週のブクログ週刊ランキング発表

『ブクログ』『ブクログのパブー』をご利用の皆様、こんにちは!
ブクログでは、毎週更新している週間ランキングを解説付きで紹介させていただきます。
はたして、どんな本やマンガ、電子書籍がランクインしているでしょうか!?
 

●ブクログ 2015年5月第4週 本ランキング


本ランキングは、今週も東野圭吾さんの『ラプラスの魔女』(KADOKAWA/角川書店)が1位となったのを始め、話題の新刊が続いたこともあり、先週から引き続きランクインした作品が多くありました。
また、2位には、文庫化された湊かなえさんの『サファイア』(角川春樹事務所)がランクイン。本作は、「真珠」「ダイヤモンド」など、宝石の名前を題名にした7作の短編小説で、今までの湊かなえ作品にない作風もあって良い読了感だったとの感想も寄せられています。
 

●ブクログ 2015年5月第4週 マンガランキング


マンガランキングは、江口夏実さんの『鬼灯の冷徹(18)』 (モーニング KC)が1位となりました。鬼灯様の幼なじみたちやハロウィンの話など、今巻も愉快な地獄の日常が描かれています。
また、2位には、さらに謎も深まる展開となってきた、市川春子さんの『宝石の国(4)』(アフタヌーンKC)、3位には、岩明均さんの『ヒストリエ(9)』(アフタヌーンKC)と、今週発売された新刊が上位に並びました。
 
1 NEW
2 NEW
3 NEW
4 NEW
5
 

●ブクログ 2015年5月第4週 電子書籍ランキング

 
電子書籍ランキングは、2位の、岩明均さん『ヒストリエ(9)』(アフタヌーンKC)や、4位の、新川直司さん『四月は君の嘘(11)』など、紙の本と電子書籍が同時発売され、マンガランキングにも入っている作品が多くランクインしています。
また、3位に入ったのは、Tak.さんの『アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術』で、文書を書くときに使える考え方やツールの使い方が解説された一冊です。「これまでの認識を正された」「考えたり文章を書く仕事を持つ人必見」との感想も寄せられています。

 
1
2 NEW
3 NEW
4
5

6位からはこちら
http://booklog.jp/ranking/weekly/201505/4/ebook



ということで、みなさま読んでみたい本、読んだ本などランクインしていましたでしょうか。
ぜひ、気になる本などあればお手にとっていただければと思います。
 

【献本企画】選考委員の満場一致で選ばれた、第四回ポプラ社小説新人賞受賞作!期待の新人、寺地はるな『ビオレタ』10冊プレゼント!

『ブクログ』『ブクログのパブー』をご利用の皆様、こんにちは!

今回は選考委員の満場一致で選ばれた、第四回ポプラ社小説新人賞受賞作! 寺地はるな『ビオレタ』献本企画のご案内です! 小川糸『食堂かたつむり』、伊吹有喜『風待ちの人』につづく、期待の女性作家デビュー作を10冊献本いたします!お見逃しなく!

 

ビオレタ

著者 : 寺地はるな 発売日:2015年6月3日 定価:本体1500円(税別)
四六版・上製、224ページ 装画:松下裕子(Nomena Inc.)

ビオレタ 第四回ポプラ社小説新人賞受賞!
小川糸『食堂かたつむり』、伊吹有喜『風待ちの人』
につづく、期待の女性作家デビュー作!
婚約者から突然別れを告げられたわたしは、道端で大泣きしていたところを拾ってくれたドーベルマンのように凛々しい女性・菫さんの営む雑貨店「ビオレタ」で働くことになる。そこでは菫さんが作る手芸雑貨のほかに、「棺桶」と呼ばれる美しい箱を売っている。お客はさまざまな思い出や記憶をそれに詰め、菫さんの庭へと埋めていくのだ。 生きづらい人生を自分の足で歩くことの面白さ、誰かと繋がりあうことの温かさを、豊かな感性とユーモラスで味わい深い筆致で描いた感動作。


●著者プロフィール
寺地はるな(てらち・はるな)
一九七七年、佐賀県生まれ。大阪府在住。会社勤めと主婦業のかたわら、小説を書きはじめる。本作で、第四回ポプラ社小説新人賞を受賞。


●推薦の声、続々
私、この人がデビューしたらファンになる!
――大矢博子氏(書評家)
登場人物の外面と内面が重層的に描かれていて、何よりも、筆致に独特の味というか、空気感がある。すぐにでもプロの作家として活躍できるだけの筆力と、ある種の感性を強く感じさせる。
――藤田香織氏(書評家)



今回は、この『ビオレタ』をポプラ社より
10名の方にプレゼントいたします!ぜひご応募ください!
 
・応募内容
ビオレタ』をブクログ本棚に登録後、レビューを書いてくださる方を募集。

・プレゼント応募期日:6月1日(月)終日

・応募方法
応募フォームより必要事項をご記入の上 送信ください。

・注意事項
※ご回答頂きました内容は、その後プロモーションを目的に使わせていただく可能性がございます。
その際、場合によっては、ご回答を一部改変させていただきますことをご了承下さい。
※個人情報の取り扱いに関しましては、弊社「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご覧ください。
 
『ビオレタ』の献本ご応募はこちら

東野圭吾さんの作家デビュー30周年記念作品『ラプラスの魔女』が1位 - 2015年5月第3週のブクログ週刊ランキング発表

『ブクログ』『ブクログのパブー』をご利用の皆様、こんにちは!
ブクログでは、毎週更新している週間ランキングを解説付きで紹介させていただきます。
はたして、どんな本やマンガ、電子書籍がランクインしているでしょうか!?
 

●ブクログ 2015年5月第3週 本ランキング


本ランキングは、1位に東野圭吾さんの『ラプラスの魔女』(KADOKAWA/角川書店)、2位に碧野圭さんの『書店ガール 4』(PHP文芸文庫)、3位に佐島勤さんの『魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編』(電撃文庫)と、上位に新刊が並びました。
特に『ラプラスの魔女』は、著者の作家デビュー30周年記念作品とあって、テレビ番組の特集コーナーで紹介されるなど、広く取り上げられており、登録者数も増えています。
 
1
著者 : 東野圭吾
KADOKAWA/角川書店
発売日 : 2015-05-15
2
3
著者 : 佐島勤
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
発売日 : 2015-05-09
4
文藝春秋
発売日 : 2015-04-24
5
KADOKAWA/角川書店
発売日 : 2015-04-24

●ブクログ 2015年5月第3週 マンガランキング


マンガランキングは、1位に、ヨシノサツキさんの『ばらかもん(11) 』(ガンガンコミックスONLINE)、
2位には、「身につまされる」とアラサー女子を中心に衝撃を受けた、東村アキコさんの『東京タラレバ娘(2)』(KC KISS)が入り、続編を読者がいかに待ち望んでいたかがうかがえます。
また、5位に入った、新川直司さんの『四月は君の嘘(11)<完>』(講談社コミックス月刊マガジン)はついに完結巻で、その結末にも注目が集まっています。
1
2
3
4
5
 

●ブクログ 2015年5月第3週 電子書籍ランキング


電子書籍ランキングは、松尾豊さんの『人工知能は人間を超えるか』(角川EPUB選書)が先週より順位をあげ、1位となりました。人工知能の歴史から今後の展望や課題についての解説が、その分野に特別詳しい知識がなくても読みやすいとの感想も多く見受けられました。
また、2位の新川直司さん『四月は君の嘘(11)』と、4位の東村アキコさん『東京タラレバ娘(2)』は紙の書籍と同時発売となっており、マンガ・電子書籍ランキングの両方でランクインとなりました。
5位の、乾くるみさん『イニシエーション・ラブ』(文春文庫)は、いよいよ5月23日(土)から映画が公開されるとあって、原作本への注目も再び高まってきています。
 
1
2
3
4
5

6位からはこちら
http://booklog.jp/ranking/weekly/201505/3/ebook



ということで、みなさま読んでみたい本、読んだ本などランクインしていましたでしょうか。
ぜひ、気になる本などあればお手にとっていただければと思います。
 

【解決済み】ブクログへ接続しづらい件につきまして

平素はブクログ、パブーをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

ただ今、ブクログにおきまして、接続しづらい障害が発生しており、現在、調査と対応を行っております。

ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、今しばらくお待ち頂きますようお願いいたします。



[追記] 5月19日 16:55
復旧が完了いたしました。
現在は正常に表示されております。

この度はご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。
今後ともブクログをどうぞよろしくお願いいたします。

 

  • ブクログの新規申登録
  • ブクログのiPhoneアプリ

お知らせブログ内を検索

 

カテゴリー別

おすすめ新刊のブログパーツ

ブクログ公式Twitter

最近のエントリー

日別アーカイブ

ブクログのパブー