マンガの舞台を取材してきました!雨無村役場産業課兼観光係編 前編

  • 2010.04.15 Thursday
  • [ 特集 ]
後編も公開いたしました!(4/16)

先日『町でうわさの天狗の子』小学館漫画賞を取られた岩本ナオさん。
実はブクログスタッフも大好きだったので、とても嬉しい知らせとなりました。
▼町でうわさの天狗の子


そんな折り、その『町でうわさの天狗の子』と岩本ナオさんが同時連載していた
『雨無村役場産業課兼観光係』のモデル・岩本さんのご実家
岡山県奥迫川で、イベントがあると聞きつけました。

『雨無村役場産業課兼観光係』の題材となった
「桜祭り」が絶賛開催中であり、祭りの間は、「雨無村MAP」が配付され、
物語の中で登場する風景をマンガと対比させながら巡ることができるというなんともワクワクした企画。

これは行くしかない!と取材を決意したものの、
一人で行くのは寂しかったので、Twitterで一緒に行ってくれる方を募集したところ、
素敵な地元の女子大生2人が一緒に取材をしてくれることになりました。

今回はそのレポートを前編・後編に分けてご紹介したいと思います。

雨無村役場産業課兼観光係を知らない方や、
読んだけど忘れちゃったという方に、とても簡単なおさらいです。

「雨無村役場産業課兼観光係」ストーリー

東京の大学をでて、地元雨無村の役場にUターン就職をした
地元で働いている同級生のメグ。マンガのヒロインとしては規格外のぽっちゃり体系ですが、とても愛らしいお嬢さん。
そして、村の全ての女性から愛されるイケメン男子の澄夫
いわゆる過疎化が進んだ雨無村では、高校生以上の若者はこの3人だけ。
村のおじさんたちも飲んでるばっかりで不甲斐ない。

その村の「産業課兼観光係」に任命された銀ちゃんが、
樹齢500年とも言われる立派な大山桜を使って、立てなおそうというお話。
(ものすごくざっくりです。ホントはもっと悲喜こもごも面白いです。)

          銀・メグ・澄夫

論より証拠!まずは1巻の試し読みをしてみてください!
▼「雨無村役場産業課兼観光係」1巻試し読み


というわけで、本当に片道4時間をかけて、行ってまいりました、
雨無村こと、岡山県奥迫川。

主人公の銀ちゃんは東京での大学生活を終え、故郷である雨無村に帰ってきました。
まずその駅がまさにそのものでした。
『雨無村役場産業課兼観光係』1巻 5P

実は、電車の車内でも、高校生が沢山いてドキドキ。
というのも、『町でうわさの天狗の子』では高校生が主人公。
このカバンはもしやあの二人のじゃ・・・・なんて思ったりいきなりテンションが上ります。
『町でうわさの天狗の子』1巻 134P

そしてその興奮そのままに、駅を降りるとすぐ、
雨無村そのままののどかな風景が目に飛び込みます
天気は最高でした。さすが雨無村の舞台!


話は戻りまして・・・銀ちゃんの就職先は、雨無村役場です。
この役場がまさにそのままでした。
そのまんま!
『雨無村役場産業課兼観光係』1巻 12P


ついつい表紙と同じポーズを取ってみたり。
『雨無村役場産業課兼観光係』1巻 3P

役場に勤め始めた銀ちゃんの最初の仕事は、
かわいいけれど、この辺では「害獣」のヌートリアの回収でした。
『雨無村役場産業課兼観光係』1巻 15P

ヌートリア1匹につき、村と県から1000円支払われるそうです。
本物のヌートリアはとてもかわいい・・のだそうですが農家の人にとってはれっきとした害獣です。

村の人達が何かと集会を開くのは、村の集会場。
今回はここで岩本ナオさんの複製原画展が開催されていました。
『雨無村役場産業課兼観光係』2巻 6P
とっても素朴な展示場でしたが、お客さんは絶えることなく
ファンにはたまらない展示でした。

 
地元の方も、「ここあの人の家じゃない!?」などと楽しそうに観賞していました。

さて、展示場をでるとここにもあのそっくりな風景が!
落ち込む銀ちゃんをメグちゃんが励ます名シーンですね。
『雨無村役場産業課兼観光係』2巻 117P

さて、実はこの白い建物、

ひょうたんが4万個飾ってある展示場なんです。

4万個?
とちょっと訝しげに入ってビックリ!

た・・・たぶんですが、4万個ありました。


し・・・しかもクオリティが高い。
 
あまりのことにみんな一斉に写真をバシャバシャ撮りました。

銀ちゃんは村のおじさんたちが作るひょうたんのレベルの低さに、
これは名産には使えないとあきらめたものですが、
本物は全くもってちがう 素晴らしいものでした。
『雨無村役場産業課兼観光係』1巻 148P

このひょうたんの展示場「瓢莞堂」について詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

原作ではひょうたん展をやっていた会館もそのままありました。
『雨無村役場産業課兼観光係』1巻 147P

マンガではこんな感じで、ガラーンとしてたのですよね。

そんな不甲斐ないおじさんたちを見かねて、
銀ちゃんは立ち上がります。銀ちゃんはこの雨無村を復興させることができるのか・・・!?

続きは後編で!!
銀ちゃんが立ち上がって開催を決めた「桜祭り」と樹齢500年の大山桜のレポートを公開!!

雨無村役場産業課兼観光係や町でうわさの天狗の子が気になっちゃった方!
ぜひ試し読みも用意されてますので読んでみてくださいね。

※画像の著作権は岩本ナオ及び小学館に帰属します。
本ページの画像は全て著作者許諾の元に掲載しておりますので、無断転載はされないようお願いいたします。

ウェブ本棚を作ろう!ブクログ新規登録はこちら


メディア・出版社お問い合わせ窓口

コメント
コメントする








   
Facebookでコメントする
この記事のトラックバックURL
トラックバック

  • ブクログの新規申登録
  • ブクログのiPhoneアプリ
  • ブクログ公式Twitterをフォローしよう

お知らせブログ内を検索

 

カテゴリー別

おすすめ新刊のブログパーツ

ブクログ公式Twitter

最近のエントリー

日別アーカイブ

ブクログのパブー