読書会レポート第1弾・『娚の一生編』

  • 2010.10.08 Friday
  • [ 特集 ]
最近「ソーシャルリーディング」なる言葉がちょっと流行してますよね。
今後電子書籍化していく中で、読書が個人の体験ではなく、みんなで共有されるものとして、
変わっていくのではないかというワクワクした言葉ですね。

そこで、まあ、まずは電子書籍ということは置いておいて、
「みんなで読書を楽しむ」っていうのは、どういうことなのか?ということを知るために、
ブクログでも、社内の女性スタッフを集めて読書会をやろうということになりました。

栄えある第1回目のお題は、「女性だけで盛り上がるであろう作品」ということで、
ブクログ大賞にもノミネートされた名作であり、全3巻と読むのにさほど時間がかからない、
『娚(おとこ)の一生/西炯子』に決定。

ということで、ガチでスタッフの部屋で開催された読書会レポートです。

食べ物は、事前にTwitterでフォロワーのみなさんに質問して
投票が多かったこれらを集めてみました。


(左からポッキー、和菓子、クッキー)

というわけで、
読書会開始です!



まずは読みます。ひたすら読みます。


食べながら読みます。


膝に赤ちゃんをのせて読むママも。
184_large.jpg

誰も何も話しません。

ひたすら漫画を読む大人の女6人とその子供2人。

1時間半後タイムアップ。

ここからはトークに入ります。
それぞれがグっときた点を披露し合い討論という形式で行ないました。

奈々 「では、順番に自分がぐっときたところを教えてください。」

さだ子 「私はまず、1巻 P128 の後ろ姿にぐっときたね。」


めぐ 「あーーー わかるわかる!この怒ってる中に優しさが見えるところがやばい。」

さだ子 「そうそうそうそう!」

ユウ 「えーー・・・?ここの何がいいの?あ、背広にカッパってのがよかったの?」

さだ子 「え・・背広にカッパは変だ・・。そういうことじゃなくて・・。背中で語ってるようにみえるところがいいの。」

ましゅ おすすめ.jpg

ユウ 「へえ〜〜」

めぐ 「怒ってるけどやさしいところがいいってことだよね!わかるわかる
私も、1巻 P66 「コーヒー飲む?」のところがいいと思ったんだけど、これもまた
語らぬ優しさがいいんだよねえ」

奈々 「へえ〜〜」


かおりん 「私はP29(1巻)の足をつかまれるところろがいい」

ユウ 「アーーー わかる!」

かおりん 「ももじゃなくて、ふくらはぎってところがいいの!
ももだとエロ過ぎるし、足首じゃあ、ちょっと足りないんだよ。
本当はその後の展開のほうが盛り上がるんだけど、このふくらはぎが一番ぐっときた。」

さだ子 「私そこ恥ずかしくて直視できなかった・・・」

ユウ 「えーー もっと恥ずかしい場面いっぱいあったのに!」

さだ子 「うん だから全部そういうとこは飛ばしちゃった」

ユウ&かおりん&ななみ 「えーーーー!」

ユウ 「エロいとこといえば、最初の方でおっぱいがプリンて出てきたとこは驚いたね」


かおりん 「あったねえ〜」

ユウ 「ここで、ちょっと思ったのは、お風呂が面倒だから体ふくとかある?」

さだ子 「ないねえ」

奈々 「ないねえ」

のん 「ないねえ」

かおりん 「私ある」

一同「えーーーー」

ユウ 「でもさ、まあ、ふくことはあったとしてもさ、台所で堂々と裸になるってあるかな」

さだ子 「私ある・・・お風呂上りとか・・・」

一同 「えーーーー」

かおりん 「あんたさっきちょっと恥ずかしい場面飛ばすと言ってたくせに!」

140_large.jpg

さだ子 「あと、私は、1巻のP156で、エレベーターのとこ!」


めぐ 「あーー。アレは落ちるね」

さだ子 「そう、あそこで落ちたの。やばいよねえ。」

ユウ 「いかにもドラマにあるシチュエーションではあるけど」



かおりん 「でも実際こんなエピソードないよね」

奈々 「うん。会話がつながらなくて気まずくなったり・・・」

ユウ 「急いで乗ろうとしたら、顔挟まったりね」

一同 「そんなもんだよね」

めぐ 「あとは、2巻のヨーグルトの瓶に花をさして『かわいい』っていうとこがいい!
自分もそうやって、つぐみがヨーグルトの瓶に入れてるってそれ自体もかわいいし、
それを海江田さんがかわいいって思ってくれてるのもいいし。」

ユウ 「わかるー。彼氏には、そういう風に『こいつ可愛いな』って思ってて欲しいよね。」

198_large.jpg

ユウ 「彼氏に可愛いとか言われる?」

かおりん 「私は寝てる時可愛いって言われる。たぶん、しゃべらないから」

めぐ 「私はなにしてても可愛い、可愛い言われる」

一同 「よかったねえ」

めぐ 「でも、そんなにたくさん言われるとほんとに?って思っちゃうから、
海江田さんくらい語らずしてかわいいって思ってくれてるのは、ぐっとくるね」

ユウ 「海江田さんはとにかく優しかったりクールだったりのギャップがいいよね」

討論中!.jpg

めぐ 「つんでれが好きなんでしょ」

ユウ 「あーー そうなのなあ。」

めぐ 「でも海江田さんて、つんでれっていうか、飴と鞭って感じだよね。」

かおりん 「え?ちがうの、それ?」

めぐ 「ちがうよーーーー。つんでれは、外では怖いけど、ふたりっきりの時はニャンニャン。
飴と鞭は優しくしたり厳しくしたりする人の事じゃない?」

かおりん 「あーーー なるほど!」

めぐ 「つまるところ、あんたみたいな女がツンデレよ!!」

かおりん 「えええーーー」

207_large.jpg

めぐ 「しかしさ、大人になると確かに恋愛って面倒になるよね。」

奈々 「感情じゃなくて、頭で考えて処理しようとしちゃうから、だんだん面倒くさくなっていくんだよ。

かおりん 「大人の恋愛は大変なんだね」

さだ子&ユウ 「そうなんだあ・・・・」

めぐ 「つぐみが、友だちの結婚に不安定になって泣いてるところを海江田さんが気付いたところも大人だよね。」

ユウ 「いつもと違うって、海江田さんが玄関ついたときに気付いてるとこがえらい。」

かおりん 「あーーわかる。いつもなら、靴下脱いだら「洗濯機に入れてよ!」ってとりにくるのに、こなかったから気づいたんだよね。」

ユウ 「そうそうそう。いいよね」

わかるわー.jpg

奈々 「でもさ、そんなことより、靴下をいつも洗濯機に入れてあげるつぐみはえらいよね」

さだ子 「でもわかる。とにかく、靴下をぐじゅってされるのがいや」

ユウ 「彼氏の靴下がぐしゅってされてたらどうするの?」

さだ子 「ぷんってして洗濯機に入れる。またか〜ってかんじ。」

のん 「それなに、そういうのかわいいな、って思ったりするの?」

さだ子 「べつにかわいくない。腹が立つだけ。10回くらいは待って、11回目に切れる」

めぐ 「まだいいよ、うちの彼氏は丸まってることに気づかないから。袖ぐしゃぐしゃなまま干してたりする」

さだ子 「あーー わかる!なんで気にならないのって!」

=================================

・・・・・・
と話はつきませんが、このへんで。
かなり脱線しておりましたが、みんなでひとつの漫画を読むのは本当に楽しかったです。

今度はぜひブクログのユーザーさんとも一緒に同じ本を共有できればなと思っております。
この本を読書会でやって欲しいというかたは、ぜひこちらの談話室トピックで教えてください。
読書会でお題にして欲しい本を教えてください!

娚の一生(全3巻)
西 炯子
娚の一生1巻を本棚にいれる

試し読みはこちら

ブクログ大賞2009 マンガ部門最終ノミネート
このマンガがすごい!2010 オンナ編・第6位
このマンガを読め!2010 第5位


では、最後に、今回快く掲載を許可していただいた西炯子先生がフェアを行うということですので、その告知をば!

西炯子 秋の惑星直列まつり
10月8日に、西炯子先生の 『ふわふわポリス』 『ひらひらひゅ〜ん』第4巻(完結) 『ちはるさんの娘』第1巻3冊同時刊行されることと、10月15日に『STAY』の3・4巻の発売ということで、「西炯子 秋の惑星直列まつり」と題しましたフェアが開催されます。

●全国約1000書店で西先生のコーナーを開設予定!
西先生のコミックス購入者に、特性栞(全4種)をプレゼント
ジュンク堂書店池袋店では、新刊3冊を購入してくれた方を対象に、
10月31日に西さんのサイン会を開催!詳しくはこちら
『ダ・ヴィンチ』12月号(11月6日発売)、『ぱふ』12月号(10月30日発売)にて、西炯子先生特集予定
 

特製ポスターをプレゼント!

さらに、ブクログユーザーのみなさまには、
こちら▼の
イメージビジュアルのポスターを5名様にプレゼント!!


必要事項をご記入の上
こちらからご応募ください。

コメント
読書会っていうから、小説とかビジネス書かと思ったらマンガかよ!それも、一時間半もかけて、微妙
  • 2010/10/09 10:56 AM
ガーン・・・

でも楽しかったです・・・。
  • ブクログスタッフ
  • 2010/10/09 4:13 PM
地球危機
第一回目にこの本を持ってくるとは…!どんだけフェチですか!でもいいなあ〜こういうの。第二回も楽しみに待っています!読書会、周囲でも流行りはじめてます。簡単にルールやしばりを設けて楽しむのがまたいいみたい。
  • yuriwo
  • 2010/10/09 6:52 PM
こうやって女同士で読書会っていいなーって思います!
映画『ジェイン・オースティンの読書会』を彷彿とさせられました。
第二回のレポートを楽しみにしてます!
  • みお
  • 2010/10/09 9:10 PM
冒頭では楽しそうだなーと思ったんですが、こういうのって自分語りとか、共感を呼ぶところの共有だけになりがちですよね。
楽しそうだけど、女性っぽい言い換えるなら身内ノリの読書会だなーと思います。

読者によって意見が分かれるラディカルな話でproとconに分かれて激論を交わす類の熱い読書会が見たい気がしました。

漫画は漫画でいいと思います。すぐ読めますしね。
  • 2010/10/10 12:48 PM
楽しそう。参加したかったーー(笑)

ビジネス書の読書会→ディスカッションはよく聞くけど、こういう形の読書会もいいと思います。

ひたすら読んでひたすら語って、後に何も残らない(笑)
ただ、女性的というか、男性には無理でしょうけど。
  • 2010/10/10 5:21 PM
トラックバックを送ったんですが、うまく行かず、
まあ、
あまり賛意に取られないような感想でもありますが…
決してそんなことはありません。
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/10/11 9:37 AM
これは!!
読書会を探していて辿り着きました。
私も参加したいです‼
  • kano_kyui
  • 2010/10/12 9:29 AM
こんなんしてるひまあったらブクログのバグさっさと直してください。
  • あの
  • 2010/10/16 8:35 PM
無断転載
  • 無断転載
  • 2010/11/26 1:57 PM
>あのさん

どちらのバグでしょうか?
できましたらこちらから詳しくお聞かせください!http://booklog.jp/contact

>無断転載さん
小学館さんに確認とっておりますので、無断転載はしていませんよー!
みなさん、こちらの記事の素材は無断転載しないでくださいね。
  • ブクログスタッフ
  • 2010/11/29 10:21 AM
コメントする








   
Facebookでコメントする
この記事のトラックバックURL
トラックバック

  • 新しい本と出会えるウェブマガジン「ブクログ通信」
  • ブクログの新規申登録
  • ブクログのiPhoneアプリ

お知らせブログ内を検索

 

カテゴリー別

おすすめ新刊のブログパーツ

ブクログ公式Twitter

最近のエントリー

日別アーカイブ

ブクログのパブー