IKKI江上英樹編集長の本棚公開!Twitterインタビューも公開!

コミック雑誌IKKI創刊10周年を記念しまして、
編集長江上英樹さんの本棚ができました!

あの名作、あの名作の裏話がザクザク詰まっております・・・!

http://booklog.jp/users/tetsuhen
 

そして、本日12/24(金)15時〜16時に、Twitter上で、ブクログが江上編集長(@TETSUHEN )
にインタビューを行いました!

ブクログ×IKKI江上英樹編集長インタビュー

Q.IKKIはどんな雑誌を目指して創刊されたんですか?

“一人一ジャンル”のような圧倒的な才能が集結した漫画雑誌でしょうか?この雑誌を開かなければ一生出会わないような「圧倒的な光景」を読者の方に見せたいな!と。言うは易し、行うは…ですが。うーん。

その思いは今も変わりませんし、素晴らしい作家に集まってもらい、ある程度までは実現できているかなという感じでしょうか?でも、理想形はまだまだでしょうね。がんばらねば!!

Q.最近衝撃的だった漫画家、もしくは作品は何ですか?

わあ、もう2問目! …手前みそですが、僕ら世代の“ギャグの巨匠”いがらしみきお氏の最新作『I(アイ)』が衝撃的。編集者としては降参して「どうにでもして!」って身を委ねたい!

追記:「I(アイ)」はギャグではありませんので。はい。

Q.「青春♂ソバット」IKKI登場は衝撃的でした。BLどう思いますか?

正直、BLは実感としては分かりませんが、ある時、偶然観た宝塚の男役に意外と胸キュン!これはどういう倒錯ぶりか理解不能ですが、まあ人も恋愛もそれぞれかと!

Q.学生のうちにこれは読んどけ!という作品は?

うう、学生時代(今も)本を読まなさ過ぎなので…まあ、こうならないように、名作と呼ばれるものは一応読んでおきましょうね。知らないと恥ずかしいし、作家の方にもバカにされますので。

Q.IKKIの裏エピソードを何か一つ教えてください!

昔、裏話がネットに出て大騒ぎだったので用心しつつも…『ドロヘドロ』林田球さんをまだ男性だと思っている方が多くてビックリ!くらいでしょうか?

林田さんが男性だって間違えちゃう気持ち、すごくわかります・・・

林田さん、メッチャカッコよくてカワイイ方です!!

あと「日本一(世界一)不味そうに食べる男」と言われたことのある僕が、ついに(漫画界の鉄板ネタ!?)“グルメ漫画”を自ら始めようとしている…これ初出し。
あっ、作家の方じゃなくて自分の裏エピソードだった!…本当に自分好き好き野郎だなぁ!!←自戒

Q.2月号の松本大洋さんの新作について教えてください。

新作『Sunny』を一言で言うと、『鉄コン』『GOGO』…とずっと男の子達を描き続けてきた大洋氏が、初めて自分のリアル子供時代に踏み込んだ「落とし前」作品です。

Q.IKKI作品でこれは来年くる!というものは?

「どれも来る!」「どれも来て!」と言いたいですが、1月発売号で再開する『ちょこらん』と『高梨さん』あたりが、意外と破壊力を秘めている気がしたりします。どんなもんでしょうね?

あと、新人賞(イキマン)の受賞作(10年12月号掲載)の『夕暮れの花束』がすっごく良くて、この松島直子さんという方、あるいはこの作品自体の続きにも期待してしまいます!

IKKI10年目の意気込みを!

IKKIに素晴らしい才能が集まってるのは確かながら、まだまだそれをうまく読者の方に届けられてない面があります。今後は「皆さんに届けるまでがIKKIです」という気持ちで行ければと思います。

紙の魅力を再確認しつつ、デジタルも縦横無尽に使って、世界中に向けて、IKKIを羽ばたかせる元年になるといいなあ!!…と、ここまで書くと意気込みっぽいですか?

都条例“改悪”等、嬉しくない逆風も多々ありますが、漫画のパワーを信じて、とにかく圧倒的な作品を作る努力をし続けたいと思います!!!!!…さらに意気込み的!!

ありがとうございました!


※トゥギャッターにもまとめてありますので、ぜひご覧ください!
http://togetter.com/li/82373


ぜひ江上編集長のTwitterや(@TETSUHEN )本棚、ご覧下さいね!
コメント
コメントする








   
Facebookでコメントする
この記事のトラックバックURL
トラックバック

  • 新しい本と出会えるウェブマガジン「ブクログ通信」
  • ブクログの新規申登録
  • ブクログのiPhoneアプリ

お知らせブログ内を検索

 

カテゴリー別

おすすめ新刊のブログパーツ

ブクログ公式Twitter

最近のエントリー

日別アーカイブ

ブクログのパブー