【献本企画】第34回横溝正史ミステリ大賞を選考委員満場一致で受賞!元お笑い芸人が描く『神様の裏の顔』の献本プレゼント!

『ブクログ』『ブクログのパブー』をご利用の皆様、こんにちは!

本日は、元お笑い芸人がミステリ作家として鮮烈デビューを果たした
第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作!
藤崎翔の『神様の裏の顔』の献本企画をご紹介をします。
 

神様の裏の顔

 

著者:藤崎翔 発売日:2014年09月30日 定価:¥1,620(税込)

神様の裏の顔
神様みたいな校長先生の「裏の顔」。
それは驚くべきものだった!?
驚愕のラストを誰かと共有したくなる、
読後感強烈ミステリ!


「ああ坪井さん、お気の毒だねえ。神様みたいな人だったわ」
坪井誠造、享年六十八。教育者として自らの全てを捧げ、万人に慕われた神様のような男。その通夜には、彼を慕う多くの人々が押し寄せ、悲しみの涙を流す。坪井の娘、晴美は、その様子をうちひしがれながら見つめていた。
坪井と不仲だった晴美の妹・友美、後輩教師でゴリラに似た初老の男・根岸、坪井の教え子で男盛りのアラフォー・斎木、不登校の過去を持つ今どきギャルの茉希、ご近所の元気なおばあさん・広子、そして坪井が大家をしていたアパートの住人でお笑い芸人の寺島。
ごった煮的に集まった面々が、それぞれの神様・坪井を偲ぶうち、話は妙な方向へ。なんと皆の告白により、坪井の隠された犯罪が明らかになり……

選考委員(有栖川有栖氏、恩田陸氏、黒川博行氏、道尾秀介氏)満場一致で受賞!
「たいへん達者な作品で、面白く読んだ。くすっと笑わせる
絶妙なユーモアのセンスがあり、サービス精神に溢れている」(恩田陸氏選評より)


著者:藤崎翔(ふじさき・しょう)
1985年、茨城県出身、東京在住。28歳。高校卒業後に上京し、2010年まで「セーフティ番頭」というコンビで6年間お笑い芸人として活動。2014年に本作『神様の裏の顔』(受賞時{神様のもうひとつの顔』)で第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。現在家賃4万5千円のアパートに暮らし、朝3時間ほど清掃業のアルバイトをしながら執筆を続けている。
 
今回は、その『神様の裏の顔』のレアなサンプル版を角川書店さまから5名の方にプレゼントいたします!ぜひご応募ください!
 
・応募内容
神様の裏の顔』をブクログ本棚に登録後、レビューを書いてくださる方を募集。

・プレゼント応募期日:9月1日(月)終日

・応募方法
応募フォームより必要事項をご記入の上 送信ください。

・注意事項
※ご回答頂きました内容は、その後プロモーションを目的に使わせていただく可能性がございます。
その際、場合によっては、ご回答を一部改変させていただきますことをご了承下さい。
※個人情報の取り扱いに関しましては、弊社「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご覧ください。
 
『神様の裏の顔』の献本ご応募はこちら
コメント
コメントする








   
Facebookでコメントする
この記事のトラックバックURL
トラックバック

  • 新しい本と出会えるウェブマガジン「ブクログ通信」
  • ブクログの新規申登録
  • ブクログのiPhoneアプリ

お知らせブログ内を検索

 

カテゴリー別

おすすめ新刊のブログパーツ

ブクログ公式Twitter

最近のエントリー

日別アーカイブ

ブクログのパブー