【献本+1000円分図書カードがあたる!夏のスペシャルレビューキャンペーン】あの子は殺人犯なのか。それとも被害者なのか――。家族とは何か?究極のシチュエーションで問いかける比類なきサスペンス。雫井脩介待望の新刊『望み』サンプル版一挙50名様プレゼント!

『ブクログ』『ブクログのパブー』をご利用の皆様、こんにちは!

8月です!夏本番がやってまいりました!そんな「夏の読書」にいかがでしょうか?KADOKAWA×ブクログコラボ「夏のスペシャルレビューキャンペーン」をご案内いたします!

望み

雫井脩介待望の新刊、平穏だった家族に、究極の“望み”を突きつける心理サスペンス長編『望み』サンプル版を一挙50名の方にプレゼント!

さらに!
今回は献本に当選した皆さまに、さらなる特典チャンス! 献本に当選し、2016年8月27日までに所定フォームにて簡単なアンケート回答とレビューを書いてくださる方の中から、抽選で10名の方に図書カード1000円分をプレゼントいたします!

こちら回答いただいたレビューとアンケート結果は9月5日にブクログ特集上でも発表させていただきます!

献本応募の締め切りは、2016年8月8日(月)終日 です!
アンケート・レビュー応募の締め切りは、2016年8月27日(土)終日 です!

奮ってご応募ください♪

 


あの子は殺人犯なのか。それとも被害者なのか。
揺れ動く父と母の思い――。
あなたなら、「何」を望みますか?

望み

 

望み

著者 : 雫井脩介 発売日:2016年9月5日 定価:1,728円(税込) KADOKAWA/角川書店

「望み」は、ある少年事件が絡んだサスペンス風味の物語であり、関係家族の心に深く分け入っていく家族小説であります。
目の前に絶望的な現実が立ちふさがろうとしたとき、しかもその絶望的な現実がまだはっきりとした姿を見せてくれないとき、家族はそれぞれ何を思い、どんな可能性に希望を見出そうとするのか……
彼らの「望み」に寄り添ってみてください。 ――雫井脩介(連載開始コメントより)


東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(かずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。二人は、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に、家族四人平和に暮らしていた。規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも……。
息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。相反する父と母の望みが交錯する――。心に深く突き刺さる衝撃の心理サスペンス。


著者紹介:雫井脩介(しずくい・しゅうすけ)


1968年愛知県生まれ。専修大学文学部卒。2000年に第4回新潮ミステリー倶楽部賞受賞作『栄光一途』でデビュー。04年に『犯人に告ぐ』を刊行、翌年には第7回大藪春彦賞を受賞し、ベストセラーとなる。その他の著書に『火の粉』『クローズド・ノート』『ビター・ブラッド』『つばさものがたり』『検察側の罪人』『仮面同窓会』『犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼』などがある。


ブクログの本棚に登録する

応募する


 
・応募内容
雫井脩介『望み』の簡単なアンケート回答とレビューを書いてくださる方を募集。
・献本応募期日:8月8日(月)終日

今回のレビューは「1000円図書カードがあたる!夏のスペシャルレビューキャンペーン読者アンケート・レビューフォーム」から募集いたします。
通常のブクログレビュー掲載ではございませんので、ご注意ください。上記アンケート・レビューフォームURLは献本応募お申込みの際のメールアドレス宛てに、当選者通知とともに送付させていただきますので、くれぐれも間違いがないようご注意ください。


・応募方法
献本応募フォームより必要事項をご記入の上 送信ください。

・注意事項
  • 今回の募集レビューは作品構成上「ネタばれ」は厳禁とさせていただきます。
  • ご回答・応募頂きました内容は、その後プロモーションを目的としてブクログの特集ページ、株式会社KADOKAWAの書籍プロモーションページ、広告ツールなどにて使わせて頂く場合がございます
  • その際、場合によっては、ご回答を一部改変させていただきますことをご了承下さい。
  • 図書カード1000円分当選の発表は発送を持ってかえさせていただきます。
  • 個人情報の取り扱いに関しましては、弊社「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご覧ください。
 

応募する



コメント
献本の話題を Twittter でシェアしようとしましたが,文字数制限を39字オーバーしていました.調整できますか?
  • sojo
  • 2016/08/02 2:39 PM
コメントする








   
Facebookでコメントする
この記事のトラックバックURL
トラックバック

  • 新しい本と出会えるウェブマガジン「ブクログ通信」
  • ブクログの新規申登録
  • ブクログのiPhoneアプリ

お知らせブログ内を検索

 

カテゴリー別

おすすめ新刊のブログパーツ

ブクログ公式Twitter

最近のエントリー

日別アーカイブ