中山七里『連続殺人鬼 カエル男』の帯にブクログのレビューが掲載されました。

ブクログをご利用の皆様、こんにちは!\[・L_・]/

 

ブクログのレビューが、中山七里『連続殺人鬼 カエル男』の帯に掲載されました!

 

 

▼帯はこんな感じです。帯の裏面に掲載されています。

 

 

▼近くでみると右上にブックンがいます!

 

▼ブクログのレビューはこちらです!

 ふざけたタイトルや、犯人の稚拙な犯行文。また、残忍な殺害方法と、これは2流のサイコホラー小説かと思いきや、読み進めていくうちにそれはとんでもない間違いだったと気づく。そして、自分が信じてきたストーリーは脆くも崩れ去り、二転三転する結末に愕然としてしまう。
どんでん返しだけでは、この物語をただの面白い小説としてしまうが、刑法39条の存在が深みを増し、さらに高い位置に押し上げる効果を発揮している。
普段から、少年法や39条に関わる事件を目にするたび腑に落ちない思いをしてきたが、この小説はそうしたことを考えざるを得ない気持ちにさせられる。
小説として十分に面白いが、反面深く考えさせられる小説だ。
ラストは読者のやりきれなさを払拭してくれるが、また別のやりきれなさを残していく。

ひとしさんのレビュー

 

図書館で。今回も大どんでん返し有りの、問題喚起有りで読み応え抜群でした。途中目を背けたくなる描写も有ったけど物語の引力が強くて一気読みでした。渡瀬警部が新人刑事・古手川くんに伝えた言葉。「お前はお前の泣いている人間のために闘え。」素敵でした。そして最後の終わり方!まだ終わらない物語にぞくぞくです。

emyさんのレビュー

 

ほっこりさせといていきなり落とす、
思わず顔をしかめる程リアルな負の描写、
どんでん返しに次ぐどんでん返し、
もう本当に「息つく間も無く」読ませる。

※こちらは一部抜粋しております。詳細は下記のリンクよりご覧くださいませ。

be-sanさんのレビュー

 


『さよならドビュッシー』の著者が描く戦慄のサイコ・サスペンス!

『このミステリーがすごい!』大賞史上初!最終候補にダブルエントリーされ、

「こっちを読みたい!」という声が続出した話題作です!

 

ぜひ、書店で見かけた際には、お手に取ってみてくださいね。

 

 

 

みなさんも、本を読んだらレビューを書いてみてくださいね\[・L_・]/

もしかしたら、あなたのレビューが・・・・・

 

 

 

 

コメント
コメントする








   
Facebookでコメントする
この記事のトラックバックURL
トラックバック

  • 新しい本と出会えるウェブマガジン「ブクログ通信」
  • ブクログの新規申登録
  • ブクログのiPhoneアプリ

お知らせブログ内を検索

 

カテゴリー別

おすすめ新刊のブログパーツ

ブクログ公式Twitter

最近のエントリー

日別アーカイブ

ブクログのパブー