大賞はどの作品の手に?! マンガ大賞2013受賞式にブクログスタッフが潜入!

  • 2013.03.25 Monday
  • [ 特集 ]
3月21日に行われた、マンガ大賞の受賞式に、ブクログスタッフが参加してきました。
マンガ大賞は2008年から開催されている賞で、書店員や識者などの有志で行われている賞です。
昨年の大賞は、ブクログ大賞も受賞した「銀の匙」でした。会場には荒川弘さんの受賞コメントの色紙もありました!


他にも、過去に受賞された作品の色紙が飾られていました。


さて、マンガ大賞の選考対象は、その年の1月1日から12月31日に出版された単行本の内、最大巻数が8巻までの作品となっており、選考委員の投票などでノミネート作品が10作品選ばれますが、今年は得票数が同数のものがあり、11作品ノミネートされています。

さて、授賞式が始まりました。
マンガ大賞実行員であり授賞式の司会である吉田尚記さんから、マンガ大賞の説明などがあり、、


そして昨年受賞した「銀の匙」の荒川弘の担当編集さんが代理で参加して今年の大賞の発表を行いました。


(荒川弘さんは、原稿で忙しくて来れなかったとのことです)

大賞は吉田秋生さんの『海街diary』でした!!

吉田秋生さんが最初に受賞のコメントなどを述べられ、変わって担当編集さんが荒川弘の担当編集さんから記念オブジェを受け取られてました


実は2008年に行われた第1回マンガ大賞では「海街diary」は、惜しくも3位だったということで、作者の吉田さんと担当編集さんも受賞に驚かれている様子でした。

また、吉田秋生さんや担当編集さんへの質疑応答コーナーがあり2009年大賞受賞の「ちはやふる」作者の末次由紀さんが質問する一幕もあり会場がどよめきました。

最後に吉田秋生さんの受賞イラストも公開されました!


そして、記念に受賞した吉田秋生さんの担当編集さんなど中心に選考委員の方々の記念撮影。



とても和やかな雰囲気で受賞式も終わりました。
司会でもあり選考委員の一人である吉田尚記さんが、吉田秋生さんや担当編集さんに作品について質問されたり、本当にマンガが好きな人たちで運営されている賞なのだと感じました。

このマンガ大賞ですが、大賞の作品も当然ですがノミネート作品もブクログで評価が高いものばかりです。
ぜひ、皆様も大賞作品やノミネート作品など気になったマンガがあれば、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか!



■大賞受賞作品
海街diary


■関連タグ

祝☆結婚!? 堺雅人さんと菅野美穂さんの人気映画ベスト3

  • 2013.03.22 Friday
  • [ 特集 ]
朝から、堺雅人さんとみんな大好き菅野美穂さんの結婚報道が熱いですね!

ブクログスタッフも朝からなんだかホクホクしております。

お二人が出演された映画はブクログでもとても人気です。
また、読書好きとしても知られる堺さんと菅野さん。
話題も尽きなそうな本当にお似合いのカップルではないでしょうか。

そこで、ちょっと気が早いかもしれないのですが、
ブクログで人気の堺さんと菅野さんの作品ベスト3を出してみました!

■堺雅人 人気映画ベスト3

1位 南極料理人
派手な作品ではありませんが、ほんとうに良い作品!これぞ堺雅人さんの代表作。

バンダイビジュアル
発売日:2010-02-23


2位 ゴールデンスランバー
伊坂幸太郎さん原作の大ヒット作品。とても人気な作品でしたので、映像化はちょっと緊張しましたが、さすが堺さん!原作に負けずとも劣らない素晴らしい作品になっていました。

アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2010-08-06


3位 アフタースクール
堺雅人×大泉洋×佐々木蔵之介 という作品をブクログユーザーが見逃すはずがありませんね。

メディアファクトリー
発売日:2008-11-28



■菅野美穂 人気映画ベスト3

1位 パーマネント野ばら
この作品はもっともっといろんな人に見て貰いたい!とブクログスタッフの中でも話題だったのですが、さすがブクログユーザーさん。じわじわと登録数が伸びて、1位です。西原理恵子さん原作です。
 

2位 ジーン・ワルツ
海堂尊さん原作の大ヒット作品。シリアスな菅野さんも素敵です。

バンダイビジュアル
発売日:2011-07-22


3位 さくらん
ちょっとびっくりするような色っぽいシーンがありましたよね・・・女優魂をみせていただきました。

角川エンタテインメント
発売日:2007-08-03


原作がとても人気のある作品にも関わらず、素晴らしい映像化として認められるのは、お二人の演技力と魅力によるものではないかと思います。

お二人のこれからのご活躍期待しております!



■関連タグ
堺雅人 菅野美穂

ブクログスタッフが選ぶ、ホワイトデーに贈りたいおすすめの本をご紹介!

  • 2013.03.11 Monday
  • [ 特集 ]
いつもブクログご利用いただきありがとうございます。

そういえば、もう少しでホワイトーデーですね☆

チョコをもらって、どんなお返しをしていいか悩んでる方もいるのではないでしょうか?
本日は、そんな皆さんにプレゼントにおすすめの本などをご紹介したいと思います♪

今回はブクログスタッフなどがおすすめの本を選びまして、
その中からおすすめの本を4冊を厳選して紹介します!
ここで紹介していない本は、ブクログまとめでまとめていますので、そちらもご覧ください♪


阪急コミュニケーションズ
選んだ理由:素敵な女性になるために参考になることが色々書かれているので、チョコをくれた後輩にでも。(ディレクタ−)

リトル・モア
選んだ理由:宮沢賢治の名作に、清川あさみが刺繍の挿絵を添えたコラボ絵本。何度も見たくなる美しい本です。(デザイナー)

パイインターナショナル
選んだ理由:赤毛のアン、魔女の宅急便、紅の豚、ムーミン、ハイジ、、、子供の頃一度は胸をときめかせたアニメの原風景を切り取った写真たちがたくさん出てきます。大人になったいまだから、この本と一緒にアニメも観返して、ワクワクしていたあの時の自分を思い出せる一冊です。(カスタマーサポート)

河出書房新社
選んだ理由:蜷川実花の写真集は貰っただけで幸せな気分になると思います。(カスタマーサポート)


ぜひ、ホワイトデーのお返し選びの参考にしていただければと思います!

井筒和幸監督の本棚&インタビュー公開(映画『黄金を抱いて翔べ』公開記念)

  • 2012.11.26 Monday
  • [ 特集 ]
映画『黄金を抱いて翔べ』公開記念で、井筒和幸監督の本棚とインタビューが公開されました!

■井筒監督の本棚
井筒監督の本棚ができました!!とてもたくさんの本を並べてくださっています。
今回の作品はもちろん、「パッチギ」などにもつながる
ごりごりした小説と、井筒監督の映画につながる社会問題に関する本などが紹介されております。

▼井筒和幸監督の本棚
http://booklog.jp/users/izutsukazuyuki

■映画・黄金を抱いて翔べ公開記念インタビュー
インタビューはパブーで公開されております。
井筒監督が考える、原作がある作品を映画化するということは・・・?


▼井筒和幸監督インタビュー
http://p.booklog.jp/book/59451


■映画・黄金を抱いて翔べ〜
〜推理小説界の巨匠が放つクライム・ミステリーの金字塔、完全映画化!〜

 大阪に本店を置くメガバンク。コンピュータで完全に制御された鉄壁の防護システムの向こうに眠る、大量の金塊―。6人の男たちによる、練りに練った強奪作戦の幕が切って落とされた!

 ベストセラー作家・眤七阿離妊咼紂失遒砲靴篤本推理サスペンス大賞受賞の犯罪小説の最高峰、『黄金を抱いて翔べ』(新潮文庫刊)が、豪華キャスト・スタッフの手により完全映画化される。

 大阪の街を舞台に繰り広げられる金塊強奪作戦を、『岸和田少年愚連隊』、『パッチギ!』などの鬼才・井筒和幸監督が濃密に描き出す。主演の強奪実行犯・幸田役は妻夫木聡。強奪チームのリーダー・北川には浅野忠信。さらに、桐谷健太、溝端淳平、チャンミン(東方神起)、西田敏行といった、豪華にして個性豊かなキャスト陣が集結!



▼公式サイト
http://www.ougon-movie.jp

眤七 著(新潮文庫刊)
監督:井筒和幸
脚本:吉田康弘、井筒和幸
出演:妻夫木聡、浅野忠信、桐谷健太、溝端淳平、チャンミン(東方神起)、西田敏行
配給:松竹


▼井筒和幸監督の本棚
http://booklog.jp/users/izutsukazuyuki
▼井筒和幸監督インタビュー
http://p.booklog.jp/book/59451

ぜひ、ご覧ください!

大学院生が各分野でおすすめ!筑波大学附属図書館×ブクログ展示を取材!

  • 2012.09.28 Friday
  • [ 特集 ]
先日、国立国会図書館運営のニュースサイト「カレントアウェアネス・ポータル」におきまして、図書館におけるブクログの利用事例の記事が公開されました。
この記事を読み、私たちブクログスタッフが知らない間に、たくさんの図書館さんがブクログをご利用いただいていたんだということを知り、とても嬉しいと思っておりました。

本日はそのひとつ、筑波大学附属図書館さんで、ブクログをつかった展示をされているというお話をききつけ、これは、もう、行かねば!ということで、取材に行ってまいりました。


筑波大学の校門をくぐりぬけ、日本の大学とは思えないくらい、その広い敷地の中に、見つけました!見慣れたブクログのロゴと、大きな大きなiPhone!
続きを読む >>

  • 新しい本と出会えるウェブマガジン「ブクログ通信」
  • ブクログの新規申登録
  • ブクログのiPhoneアプリ

お知らせブログ内を検索

 

カテゴリー別

おすすめ新刊のブログパーツ

ブクログ公式Twitter

最近のエントリー

日別アーカイブ

ブクログのパブー