単なるラブロマンスじゃない!トゥルーブラッド特集公開いたしました。

  • 2010.10.20 Wednesday
  • [ 特集 ]
 

先日プレゼントさせていただきました、新感覚小説「トゥルーブラッド」の特集が公開されました。
プレゼントを受け取った皆様が書いてくださったレビューを中心に構成された特集です。

読んでくださったみなさん、口を揃えて「これはタダの恋愛小説ではない!」とおっしゃられていたのが印象的でした。

急な期限だったにもかかわらず、お読みいただき、レビューを書いていただいた皆様、ありがとうございました!

といわけで、トゥルーブラッド献本企画特集 是非ご覧ください!

▼【ブクログ献本企画】トゥルーブラッド特集

http://booklog.jp/special/true_blood/

読書会レポート第1弾・『娚の一生編』

  • 2010.10.08 Friday
  • [ 特集 ]
最近「ソーシャルリーディング」なる言葉がちょっと流行してますよね。
今後電子書籍化していく中で、読書が個人の体験ではなく、みんなで共有されるものとして、
変わっていくのではないかというワクワクした言葉ですね。

そこで、まあ、まずは電子書籍ということは置いておいて、
「みんなで読書を楽しむ」っていうのは、どういうことなのか?ということを知るために、
ブクログでも、社内の女性スタッフを集めて読書会をやろうということになりました。

栄えある第1回目のお題は、「女性だけで盛り上がるであろう作品」ということで、
ブクログ大賞にもノミネートされた名作であり、全3巻と読むのにさほど時間がかからない、
『娚(おとこ)の一生/西炯子』に決定。

ということで、ガチでスタッフの部屋で開催された読書会レポートです。

食べ物は、事前にTwitterでフォロワーのみなさんに質問して
投票が多かったこれらを集めてみました。


(左からポッキー、和菓子、クッキー)

というわけで、
読書会開始です!



まずは読みます。ひたすら読みます。


食べながら読みます。


膝に赤ちゃんをのせて読むママも。
184_large.jpg

誰も何も話しません。

ひたすら漫画を読む大人の女6人とその子供2人。

1時間半後タイムアップ。

ここからはトークに入ります。
それぞれがグっときた点を披露し合い討論という形式で行ないました。

米澤穂信インタビュー&毎週更新!本棚公開!【映画 インシテミル公開記念】

  • 2010.09.28 Tuesday
  • [ 特集 ]
10月16日(土)に公開される映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の公開を記念して、
原作者の米澤穂信さんのインタビューをおこないました。



題して、「米澤穂信の本棚」!
好きな本、最近読んだ漫画、最近観た映画などについて語っていただきました。

今や売れっ子の米澤穂信さんですが、一つ一つの質問に
うーんうーんととても真摯に考えてお答えくださいました。

ブクログはご存知ですか?という問いかけにも、
「もちろんです!」とお答えいただき、ブクログスタッフ一同感激いたしました。

また、今回は、インタビューに加えまして、映画公開の10月16日(土)まで、
週1回更新で、インタビューページには載っていない、
米澤穂信さんおすすめの作品がこちらの本棚に追加されていきます。

ぜひフォローして楽しみにお待ちくださいね。


というわけで、米澤穂信さんのインタビュー、ぜひ御覧ください!

▽米澤穂信インタビュー
http://booklog.jp/interview/yonezawa_honobu

▽米澤穂信の本棚
http://booklog.jp/official/yonezawahonobu

「東京トイボックス」パブーで販売開始記念小沢高広(うめ)特別インタビュー!

  • 2010.09.28 Tuesday
  • [ 特集 ]
このたび、「東京トイボックス」がパブーで発売されたことを記念いたしまして、
作者、うめの小沢高広さんにインタビューをしてまいりました!

東京トイボックスとは?

最新刊のブクログでの評価が、5点満点中4,5以上という、
驚異的な支持を受けている大東京トイボックスが産まれるきっかけになった
前身の作品が「東京トイボックス」です。

面白いゲームを作ることしか頭にないゲームディレクター天川太陽を主人公に、
ゲーム業界に生きる人々を熱く、時にリアルに描く、すべての働く人に読んで欲しい、熱血群像劇です。

以前よりトイボの大ファンだったブクログスタッフですが、誰に薦めても
「ストーリーも絵もすごいいい!!!」「なんでこんなに面白いのに知らなかったんだろう!?」
とびっくりするという、本当に自信を持っておすすめできる一作です。
とにかく東京トイボックスを読むとヤル気が出るんです!

そんな東京トイボックス全2巻がパブーで、
400円(書籍価格620円で発売開始されました。
パブーでご購入いただくと、パソコン、iPhone、iPadなどどこでも読むことができます。

▼パブー版 東京トイボックス1巻 2巻 (1話無料お試し読み)
 
※推奨ビューアー:i文庫HD ダウンロード
※iBooksアプリ(無料)やPCでも閲覧可能

作者のうめさんは、小沢高広さんと妹尾朝子さんで構成される漫画家ユニットです。
うめさんといえば、日本で始めてKindleで漫画を売った漫画家さんとしても話題ですよね。

というわけで、今回は、(大)東京トイボックスについてはもちろん、
電子書籍についての取り組みなどについてインタビューをさせていただきました。

ゲームが好きな方!電子書籍について気になってる方! 必見です。

10代を過ぎてしまったあなたにも!10代から始める新書×ブクログページ公開!

  • 2010.09.01 Wednesday
  • [ 特集 ]
この度、色々な出版社さんが、10代に読んで欲しい新書をあつめた
「10代から始める新書」シリーズの特設ページがブクログにできました!


  
オトナになると、何でも吸収できる中学生・高校生の時期に知っておけばよかった!
というようなことってたくさんありますよね。
でも、新書ってオトナが読むイメージで10代の若者はちょっと読みにくいですよね・・・

そんな思いで、出版社を超えて、10代に読んで欲しい新書を集めたシリーズが誕生いたしました。

ドラマ化された、西原理恵子さんの「この世でいちばん大事な「カネ」の話」や、
池上彰さん、辛酸なめ子さん、中谷彰宏さん、茂木健一郎さんなどなど・・・
とっても豪華でバラエティーに富んだ作家の皆様の、
既に大人の間では話題になっていたあの作品や
このシリーズのために書き下ろされた作品など、
10代からでも読めるやさしい新書がそろっております。

こちらのシリーズはまだまだ刊行予定で、
今後発売され次第この特設ページに追加されてゆきます。

また、このフェアが行われている書店さんの地図も掲載しておりますので、
実際に手に触れて選びたい!という方は、お近くの本屋さんを探してみてください。

うちの本屋でもフェアをやりたい!という本屋さんが申し込みをできるフォームもご用意しております。


10代でも読める!オトナはもっと読みたい!内容が目白押しです。
ぜひこれは!という一冊を探してみてくださいね。

▼10代から始める新書特設ページ
http://booklog.jp/special/10daikara

  • 新しい本と出会えるウェブマガジン「ブクログ通信」
  • ブクログの新規申登録
  • ブクログのiPhoneアプリ

お知らせブログ内を検索

 

カテゴリー別

おすすめ新刊のブログパーツ

ブクログ公式Twitter

最近のエントリー

日別アーカイブ

ブクログのパブー